それではみなさま、アセンションプリーズ☆


by sorakoi-azuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

6/13 カルマと前世 ③


潜在意識を解読するジュネシーンさんとは、

宇宙エネルギーとコンタクトして、潜在意識を解読するということをしていらっしゃいます。


ええ、ぴんときません。

潜在意識って?

宇宙エネルギーって?と思っていたので、

良いこと聞けたらいいな程度の期待でした。



そして当日、ジュネさんの「何を聞きたいですか?」という一言に、

私は「母との関係に悩んでいます。」とだけ言いました。



すると、ジュネさんは、こういいました。

「お母さんとは前世でも一緒でした。

あなたが母で、今のお母さんが、あなたの子供です。

つまり親子反対だったんですね。」



私は前世について聞いたわけではありません。

何も言っていないのに、その悩みは前世から来ていると、断言されました。

こんな原因のわからない恐怖があるなら、きっと前世なんだろうと思っていたので

私の「勘」は的中しました。

でも、的中したという思いよりも先に、

安堵感のような、光が差し込んだような思いで涙がでてきました。




前世で、私の子は、私より先に亡くなったようです。

そして、私はその子が心配で、また一緒に生きたいと、その子供として生まれることを

自らが望んだのです。



前世の自分が、泣いているようにも思えました。

数日、前世について思いを馳せてわかったことは、

許せなかったのは、母ではなく、「自分」だったということです。

そして、『前世を知る』ことが問題解決になるのではなくて、

前世から今まで、何百年と引き続き苦しむ問題を取り除かなければ、

自分が望む幸せは得られないということに気づくこと。

逃げれば来世もこの問題は自分のもとに残ったままだということ。

「許せない」思いが引き寄せるのは、「悲しみ」と「恐怖」だということ。



母との関係も、時間をかけて良くなっていきました。

特別なにか努力したわけじゃなく、母に対しての考え方が変わりました。

自分の「生」についての考え方が変わりました。

それだけのこと。


輪廻転生して、私たちは何度となく様々な人生を経験して「今ここ」にいるんです。

「今ここ」で、するべきこと。したいこと。

それをもっと知りたくなりました。

生きることが、謎解きみたいで、おもしろくなってきて、知りたくなってきて

私は精神世界というスピリチュアルにハマっていくのです。


今は、母を愛し、大切に思います。

「お母さんのところに生まれてきて良かった。」

本人にこう言えた時、私はまた成長できると思います。

もうすでに母のもとに生まれてきて良かったと思っているけれど、まだ言えません。

照れくさくてです。




目をそらそうと思えばそらせます。

今はまだ辛ければ避けてもいいですよ。

でもいつか逃げ切れない時はやってくる。

その時、向き合う恐怖の先には、素晴らしい幸せがあることを

覚えていてもらえたら嬉しいです。


ここまで読んでいただき、ありがとうございました!
[PR]
by sorakoi-azuki | 2008-06-13 21:36 | 前世・過去生