それではみなさま、アセンションプリーズ☆


by sorakoi-azuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2008年 06月 14日 ( 1 )

十牛図
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/2480/10cow/


↑このサイトは、禅の教えを説いた絵図です。

禅の修行を現したもので「十牛図」といいます。

これを見たときに、ほぉ~っと感心しました。私のように、絵があるとすごーくわかりやすい人には、楽しめるのではないかと思います。


この絵では「牛」は「真の自己」をあらわしています。

わたしなりの解釈をつけていってみます。



最初、「牛」を探すところから始まります。
つまり、「自分探し」ですよね。あなたは「牛」さん見つけていますか?


2番目の絵は、牛さんの足跡を追っていく絵です。
これは、自分探し、つまり禅の教えを学んでいく作業です。


3番目の絵は、牛さんのお尻だけ見えます!
やっと見えはじめましたが、牛さんの全てはまだ見えません。(禅の教えのすべては理解していませんが、希望の光が!)


4番目は、牛を得たという図です。
牛さん見つけて、縄をつけたけれど、牛さん暴れてしまって、牛を捕まえて「獲得」というよりも、
牛にひっぱられている、翻弄されてしまっているような・・・(自己と自己の葛藤という意味だそうです)


5番目は、牛さんと仲良くなっています。
これは自己とつながり、信頼感が出ている。ハイヤーセルフ・高次の自己・そんな一体感を感じます。心もとっても穏やかで、牛さんも牧童も幸せそう。


6番目は、牛さんい乗っかって牧童は笛を吹きます。
牛さんと一体化。つまり自己と自己の葛藤が一切なくなり本当の自分らしさでいる姿です。


そして7番目、ここからが、禅の教えのちょっと難しさがでてきます。
牛を忘れて、そこに人が存在するだけの図。つまり自己を探したり、見つめたりするのではなくて、もう一体化して牛が消えてしまっている状態。もう自分の中に在るんですね。

さて8番目、ここから、私にはうまく説明できません。
ただ、これは仏教の教えである「空(くう)」だと思いました。これがわかったら「悟った人」になれるんでしょうか。悟った人だから、理解できるのかな。


つまり、わたしは図であらわすと、7番目かもしれません?

って70%なら上出来じゃないかぁ!と自分で自分を誉めておきます。

この十牛図ってなかなか面白いですよね。

ぜひご一読あれ♪
[PR]
by sorakoi-azuki | 2008-06-14 23:45 | スピリチュアル