それではみなさま、アセンションプリーズ☆


by sorakoi-azuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:スピリチュアル( 8 )

わたしは、瞑想を時々やっています。

気が向いたらやるかな~という程度から、いつのまにかほぼ毎晩するように慣れてきました。

なぜ瞑想を始めたかというと・・・・・・



瞑想中に、神秘体験をしたり、前世のビジョンを見たり、そんな経験談をブログで読んだりして

好奇心がわいたんです。


そんな安易な~~って思うかもしれませんが、

前世をチャネリングしてもらったり、ヒプノセラピー行ったりすると

お金かかるじゃないですか!すごーい高いんだもの。



それで、自分で出来る方法?と行き着いたのが、誘導瞑想CDと、瞑想の習慣化です。

ひとりで瞑想すると危ないとか、いわれてたりしているみたいですが、

これもアファメーションと、お祈りでなんとか・・・たぶん大丈夫だったんじゃないかなぁ。


アファメーションは

『私は光の存在とだけ繋がります。天使は私の周りを囲んで守護してくれています。ありがとうございます♪』




わたしがブログでオススメしていきたいポリシーのひとつが、
☆お金なんかかけなくても、誰でも進める精神世界の道☆です。



私は有名な人の瞑想ワークは経験していません。

そんな私でも、半年たったらサラリと瞑想ができているんです。

ネットだけの情報じゃ不安とか、思っている瞑想初心者さんがいたら・・・・

ここに実践者がいますから!参考にしてくださいとお伝えします♪





★ キャンドルを灯す(明るすぎず・暗すぎずが重要)

★ アロマポット(好きな香りでOKだけど、ラベンダーなどリラックス効果のものを使用)

★ お香(アロマかお香か気分でね。お香なら私は白檀ですねぇ~)

★ ヒーリングミュージック(お好きなものを♪)

★ クリスタルを左の手のひらに握る(私は300円程度のものです。塩で浄化したりしてクリスタルは安くても、相性です、育て方です♪)


左が、受け取る手

右が、与える手

と一般的にいわれているので、きっと左手が正解でしょう。

これはやはりプロテクションにはいいと思います。




そのうち、音楽もなにもなくても瞑想できるようになったら占めたもの!

会社のトイレに入って、軽く瞑想。リフレーーッシュできるようになりました♪




いつもの瞑想時間は、眠くなったら即寝ます!

長ければいいってもんじゃないですしね( ´∀`)b

あ、長いほうがいいんでしょうか?

よくわからないけど、自分が「心地よい」長さで続けることが一番良いと思います。


ちなみに私は、あるふぁーふぁ効果で15分で、頭が船をこぎ始める日が大半です・・・。

長く持っても30分かなぁ。

みんなどれくらいの長さなのかな。
[PR]
by sorakoi-azuki | 2008-06-15 21:29 | スピリチュアル
私の大好きなブログサイト。


おなすインフォメーション
http://onasu.exblog.jp


おなすさんは、超有名ブロガーですから、知ってる人も多かろうと思います。

私は、彼のサイトを去年から知り、記事のほぼ80%くらいは読破したと思います。

彼が注目したものを、取り入れたり、興味の湧いた本を購入したり、

本当に楽しい情報をたくさん頂きました。

その彼が「アセンション」を意図した2月から、この6月にアセンション実現されました。



実際のところ私は、「アセンション」の意味もよく理解していませんし、

難しい本やサイトも、さっぱり読む気がしません。

だけど、私も意図することにしました。

直感が「良いもの」だと思っているので信じることにしたんです。



アセンションして、光を発する子でいたいからです。

ネガティブなんていらないんです。

ふわっとあったか♪そんな状態でいたいんです。

接する人には、何かしら影響を与えるものですから、

せっかくなら、温かな光でありたいなと思いました。



このブログを始めようと思ったのは、自己記録と思っていましたし、

スピリチュアル初心者の私が、のめりこんでいく様を書きたかったけど、

ちょっと状況が変わってきました。



・・・やっぱり自己記録になるのかなwww
[PR]
by sorakoi-azuki | 2008-06-15 00:01 | スピリチュアル
十牛図
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/2480/10cow/


↑このサイトは、禅の教えを説いた絵図です。

禅の修行を現したもので「十牛図」といいます。

これを見たときに、ほぉ~っと感心しました。私のように、絵があるとすごーくわかりやすい人には、楽しめるのではないかと思います。


この絵では「牛」は「真の自己」をあらわしています。

わたしなりの解釈をつけていってみます。



最初、「牛」を探すところから始まります。
つまり、「自分探し」ですよね。あなたは「牛」さん見つけていますか?


2番目の絵は、牛さんの足跡を追っていく絵です。
これは、自分探し、つまり禅の教えを学んでいく作業です。


3番目の絵は、牛さんのお尻だけ見えます!
やっと見えはじめましたが、牛さんの全てはまだ見えません。(禅の教えのすべては理解していませんが、希望の光が!)


4番目は、牛を得たという図です。
牛さん見つけて、縄をつけたけれど、牛さん暴れてしまって、牛を捕まえて「獲得」というよりも、
牛にひっぱられている、翻弄されてしまっているような・・・(自己と自己の葛藤という意味だそうです)


5番目は、牛さんと仲良くなっています。
これは自己とつながり、信頼感が出ている。ハイヤーセルフ・高次の自己・そんな一体感を感じます。心もとっても穏やかで、牛さんも牧童も幸せそう。


6番目は、牛さんい乗っかって牧童は笛を吹きます。
牛さんと一体化。つまり自己と自己の葛藤が一切なくなり本当の自分らしさでいる姿です。


そして7番目、ここからが、禅の教えのちょっと難しさがでてきます。
牛を忘れて、そこに人が存在するだけの図。つまり自己を探したり、見つめたりするのではなくて、もう一体化して牛が消えてしまっている状態。もう自分の中に在るんですね。

さて8番目、ここから、私にはうまく説明できません。
ただ、これは仏教の教えである「空(くう)」だと思いました。これがわかったら「悟った人」になれるんでしょうか。悟った人だから、理解できるのかな。


つまり、わたしは図であらわすと、7番目かもしれません?

って70%なら上出来じゃないかぁ!と自分で自分を誉めておきます。

この十牛図ってなかなか面白いですよね。

ぜひご一読あれ♪
[PR]
by sorakoi-azuki | 2008-06-14 23:45 | スピリチュアル
先日、図書館で本を借りてきました。

本格的に『瞑想』に取り組もうと思ったのです。

わたしはいつも、すぐ寝てしまいます。

だいたい深呼吸数回で眠っていますね・・・。


横になっているといけないと何かで読み

ベットに座って壁にもたれているのですが、

気づいたら、頭がコクン。コクン。あきらかに寝てます。


それで、『瞑想』について詳しく調べてみると、



~眠ったと思っていても、実は深い瞑想状態に入っていることもある~



~眠ってはいけないとか、思考を落ち着かせようとか考えずに
ありのままを受け止めて、流してください~



じゃあ、やっぱり眠っちゃうような・・・(;・∀・)



どうしたらいいの!と思ったら、ある本と出会いました。

それが、とてもおもしろいのです!

瞑想=悟りの境地を求める行為と、思われがちですが、これは違います。

瞑想を利用して、願望を実現するという方法が書かれています。

まだ、最初の方しか読んでいませんが興味深く、

瞑想を楽しんでワクワクしながらできそうです。



☆おすすめ本☆
佐田弘幸~すべてはうまくいっている 超・瞑・想~
[PR]
by sorakoi-azuki | 2007-10-03 22:29 | スピリチュアル

9/26 お釈迦様の言葉


人に勝とうとして、負かしてやろうとして

口に出る言葉が気になりだしました。

でも止めようがありません。

私は強いと誇示したがっている自分に

あとから嫌気がさすのをわかっていながらも、

その瞬間には自分を律する余裕などありませんでした。


そして数日後、悩んでいた自分がみつけた本には、こう書かれていました。

おシャカさまと弟子たち ひろさちや
(ひらがなが多く、子供にもわかりやすいように、解釈しやすくなっていて大変良かったです。マンガ本です。)

嘘をつく、人を傷つける言葉、騙す、などなど口からでてしまう言葉について

お釈迦様はこのように説教しました。





「お盆に水を汲んで、一滴もこぼさずに持っておいで。」

と、ひとりの弟子に言いました。

お弟子さんは、慎重に一滴もこぼさないように水を運び、

お盆をお釈迦様に渡すと、

お釈迦様は、そのお盆を故意に、地面にひっくり返してしまいました。

そしてこう言いました。


「このお盆の水を、一滴残らず元に戻すことはできるかい?」

弟子「できません。」


「このこぼれた水と、口にしてしまった言葉は同じだと思わないか、

一度、口からこぼした言葉を

すくってまたもとの口の中へ戻せるか?

口にした言葉は、二度と口に戻すことはできないんだよ。

なにげない言葉が、災いを起こす

そしてどんなに後悔しても、その言葉は

すくい戻せないんだ。」





私は後悔するような言葉を、口にしてばかりだったと

反省すると同時に、この逸話とであえたことに、感動しました。

どうせ口にするならば、心地よい言葉を口にしていきたいですよね。
[PR]
by sorakoi-azuki | 2007-09-26 00:47 | スピリチュアル
神との対話を終えて、ふと思い出しのですが、

その感覚は以前にもありました。





なぜ穏やかな心でいられないんだろう。

人を責めたり怒ったりしてしまうんだろう。

こんなんじゃ神様に怒られる、とか、

天罰がくだるっていうし、などと考えて悩んでいた時のことです。




~神は怒ったりしない。天罰というものも存在しない。

天罰だと思うような辛いことは、自分が作り出した「結果」というだけであり

神が懲らしめるために起こす出来事ではない。

神は、悩み苦しんでいる時に

どん底だと思える時に、

人生捨てたもんじゃないと思えるような一瞬や、

なんとか乗り越えようと思える希望を与えてくれる存在だ。

ほっとできる瞬間を、与えているのが神。

君はそのままで素晴らしい。~


by 神






間違いないっ!

芝生の上で日向ぼっこしてたら、悩んでいた私の心に

こんな文章がすらすら浮かんできて、

涙がでてきた。

そして慌てて携帯にメモ入力したのを思い出した。



これってきっと神が与えてくれた思考に違いないと、思いました。

神との対話って・・・案外みんなできるんじゃないかな?


これが神じゃなかったとしたら、私って

なんてポジティブシンキングができるスゴイ奴なんだ!

と、思うことにします。


どちらでも、素晴らしい。

だって私はこのままで素晴らしいんだもん。


にっこり☆
[PR]
by sorakoi-azuki | 2007-09-24 22:13 | スピリチュアル
昨日、『神との対話』を読んで、自分も実践してみたという話をしました。

スピリチュアル初心者・あずき。が

なんかスピリチュアル的な存在と会話したんじゃないかと思っています。

その内容を載せてみます。



数日前わたしは自我に身を任せていました。

そう自分の中の悪魔ちゃんに。

気分の悪いことったら、もう!いやなもんです。

心の中でずーーっとだれかれ構わず悪態ついてました。

( `д´)

どうにでもなれ!のネガティブバージョンですね。

そして問いました。




---------------------------------------------


あずき。:今日、自我に身を任せて辛かった。どうやってそれと付き合っていったらいいの?


☆:自我とは自分、自我は心。引き離せぬもの。
その心を邪険に扱ったり、否定したり、見てみぬふりをするのは
自分と向きあっていないということ。
向きあうということは、心と対話をし、分析し、目をそらさぬこと。
ロウワーセルフを ”悪” 扱いしてはならない。
”悪”の心を持つあなたを含めて、
あなたは愛されているということを
忘れてはならない。






あずき。:ここ数日間の自分は、ロウワーセルフの大暴れって感じだった。


☆:良く振舞う生活を目指し、
自我を制御していると思っていたが、
抑制していた。
自分を押さえつけていたから大暴れした。
自我と向き合い、見つめることが大事。





あずき。:すごく嫌な奴になっていた、あの時の私を許してくれますか。(神さまにも文句言ってしまった)


☆:過ちは存在していない。
心の狭い神や高次元の存在はいない。
いまも愛と光で接しているのを感じているはず。





あずき。:いま、私が抱えている不安というか、何かはっきりしない思いをわかってくれますか。


☆:未来を見たい、早く知りたいと焦っているから不安になる。
その焦りを捨てれば、不安は解消される。
未来は光輝いていることを、
ただ信じていればそれでいい。




そして最後に・・・
なんの心配もいらない。楽しむことだ。
と言われました。



みんな大好きーーーーーーーーーー♡

ありがとう。

とっても幸せ。
[PR]
by sorakoi-azuki | 2007-09-23 21:59 | スピリチュアル

9/22 神との対話

今日は図書館に本を返しに行ってきました。

新たに借りるつもりはなかったのですが、

突然頭に 「神との対話」 というタイトルが浮かびました。

数年前にベストセラーに選ばれていましたが・・・

神という言葉が、何か大きすぎてピンとこなかったんですよね。

それが突然、キマシタ。



さらりと数ページ読んで。パタン。本を閉じ、私もやってみようと!(無謀)



本は、そのタイトルどおり、神と会話をする内容なんですけど、

さっそく神との対話。やってみました。

私の想像の産物か、はたまた一人演技か、そんなことは、どーでもいい!


なんてココチヨイ言葉なんだろう・・・。


神と対話しているのかはわからないけど、なんかと会話したようです。



きっとスピリチュアル用語でいう「ハイヤーセルフ」とかかな?


「ハイヤーセルフ」は、高次の自己?とか言われたりしますよね??

「ロウワーセルフ」は、エゴとか、自我とも言われますよね。

精神世界の本を読むと人それぞれ表現が違って混乱しました。


なので、わたしなりに解釈すると~

よくこういいますよね、

「自分の中の天使と悪魔がささやく」って。

マンガなんかでそんな絵を見たことあります。


つまり、

ハイヤーセルフは、耳もとでポジティブなことを囁いてくれる頭に金の輪がある天使ちゃん。

ロウワーセルフは、黒い服きていたずらっぽい笑みを浮かべた悪魔ちゃん。


そんな図が  ポンッ  と浮かびました。


ビンゴ。やっと理解できました。



私が会話をしたのは、一体だれなんでしょう。

神でも、ガイドスピリットでも、エンジェルでも、なんでもOK♪

だって、楽しかったから。


対話の内容はまた明日。
[PR]
by sorakoi-azuki | 2007-09-22 22:38 | スピリチュアル