それではみなさま、アセンションプリーズ☆


by sorakoi-azuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:気づきの言葉 ( 2 ) タグの人気記事

9/30 幸せの連鎖

昨日は本を一冊紹介しました。

心安らかに、穏やかに生きられる本です。

『ゆるすということ』
ジェラルド・G・ジャンポルスキー



これを、読み始めた頃の出来事です。



許そう!と思ってから、

許せないことが、目の前にたくさん出てきました。

私は、許すプロセスを発見したんでしょう。

練習問題みたいに、次々といろいろなことが起きました。



その日は、朝寝坊をしたので

会社に向かう途中、

前を走る車が遅くて、イライラしました。(ジコチュー・・・)



すると、車を走らせているすぐ隣の歩道で、

3歳くらいの小さな女の子が、

にっこり笑顔でかけだしました。


(公園にでも行くのかな?)


そして、その後ろにおじいちゃんが

腰をかがめて、三輪車を引いています。

おじいちゃんの孫への愛しさ溢れる笑顔を見ました。




今度は、自転車をこいでいる学生がいました。

ひとりなのに、思い切り楽しそうな笑顔でした。

今にも笑い出しそうにこらえています。

とても幸せな気持ちを、

やっと抑えているような笑顔でした。



・・・なんだか私も幸せな雰囲気に包まれました。



ゆるすこと=怒りを忘れること、手放すこと

だと気づいた日はこの日でした。



3歳くらいの女の子。そのおじいちゃん。

笑顔の学生くん。

3人の幸せいっぱいの笑顔は、

こんな何気ない日常の中の忘れられない笑顔になりました。




会社につくころには、私もその3人と

同じような笑顔になっていました。



これが幸せの連鎖。

笑顔セラピーなんですね。

この記事を読んで、にっこり笑顔になった人がいたら

嬉しいな。
[PR]
by sorakoi-azuki | 2007-09-30 20:53 | 気づきの言葉

朝の何気ない出来事で、イライラしてしまったり、ムカッとしたりしてしまうことはありませんか?

朝の一日の始まりに「怒り」から出発するというのは

実に気分が良くないものですね。


”何が原因で、今後はどうしたら回避できるのか”と考えました。

考えた結果は、『怒りを手放す。』という行為なんじゃないかと。

怒りを手放した自分は、怒りのスパイラルから抜け出せます。



怒る → 相手のことを責める → 自己嫌悪になる → 悲しくなる




「怒る」の後、悲しくなるという人は、

怒りの永遠のスパイラルに、気づいていながら、

抜け出せないという悲しさではないでしょうか。




許すことって、心を大きく広くします。

許しが心のスペースを広げてくれるという。それを教えてくれた本は



『ゆるすということ』
ジェラルド・G・ジャンポルスキー



私のお気に入りの言葉を、抜粋します。



幸せか不幸せかは、どの程度エゴの声に耳を傾けるかで決まります。

他人を裁いたり、恨み続けたり、非難する気持ちや、

罪悪感にしがみついている自分を想像してください。

そんなときは、愛も安らぎもどこかへいってしまいます。


許しは癒しをもたらします。


この瞬間をより生き生きと生きられるようになります。


間違いなく私たちの最もすばらしい才能のひとつは、

心に抱く思いを選択できるということなのです。

[PR]
by sorakoi-azuki | 2007-09-29 21:59 | 気づきの言葉